最新記事一覧

凍結による水漏れ

水道修理

水漏れが起こったら

冬になると水漏れのトラブルが多発すると言われています。その原因の多くは水道管の凍結です。冷凍庫の製氷器で氷を作った人なら分かると思いますが、水を少なめに入れて凍らさないと溢れてしまいます。水から氷になるとき、体積が増えることが原因です。それが冬の水道管でも起こり、管内で膨張して亀裂が入り水漏れとなります。北海道・東北などでは凍結防止の水道管が使われていますが、それ以外ではそれがないケースが多いのです。もしも、凍結しそうな冷え込むときは水を出しっぱなしにしたり、温水器がついているならば常に温め続けると凍結防止できると言われています。それでも、水が漏れてしまったら水漏れ修理の業者に修理してもらうことが大切です。その修理の方法としては、先ほど述べたように小さな亀裂ならばそこを塞ぐ水漏れ修理があります。一方、大きな亀裂である場合は、水道管そのものを交換する必要があります。一般的に凍結による水漏れは屋外で細い水道管で起こっているケースが多いので、その交換も比較的簡単に済ませることができます。しかし、もしも地下の水道管や大きな水道管で起こっているならば、水漏れ修理も大規模なものになってしまいます。また水漏れの原因は凍結だけではありません。水道管や蛇口のパッキンなどの経年劣化や地震による断裂など、いろいろ考えられます。いざというときに対応できるよう事前に水漏れ修理の業者の連絡先を調べておいても損はありません。